アニメ

転生したらスライムだった件、略して転スラ。 演出は期待以上! あとはストーリーで決まる?

小説家になろう発の作品のなかでは大御所にあたる「転生したらスライムだった件」(転スラ)がアニメ化されましたね。 書籍化される以前の、まだWeb小説として掲載されていたころに読んでいた記憶があります。

いつからだったか、オリジナル系のWeb小説を読まなくなって以降は存在自体を忘れてしまっていたのですが、気づけば書籍化されていて、そして気づけばアニメ化までしてしまうという。

確かに転スラはストーリーの始まりこそ陳腐なものですが、キャラクターがなかなかに魅力的で、とくに主人公がスライムという現在においては雑魚の代名詞ともいえるモンスターに転生してしまう展開は、当時にしては意外性の高いもので、なかなか面白いです。

しかし転生ものはWeb版転スラが始まったころが全盛期だったからよかったものの、今ではだれもかれもが真似したテンプレ中のテンプレになってしまっているので、ちょっと拒否反応を示してしまう人もいるかもしれませんね。

さて、とりあえず1話を見てみた感想として、目についたのが演出面

なかなかに凝った演出がされていて、ちょっと化物語を彷彿とさせるものでした。

変なオリジナル要素とか作画崩壊の連続とかそういったことがなければ、いいアニメに仕上がりそうな気がします。

良いほうに転がるか悪いほうに転がるか、すべては2話の出来次第といえるでしょう。

期待されていたオーバーロードの2期と3期がイマイチな出来だったので、次なる期待作である転スラも同じような末路をたどるのではと、ちょっと警戒してしまっている部分もありますが。

続いて主人公の感情表現。 スライムという不定形の存在であることの利点を生かしたコミカルな感情表現はすごく面白いと思います。

本来、そういったコミカル担当のマスコット的な仲間がいたりするものですが(ワンピースのチョッパーとか)、主人公がそういった面を担当するのはなかなか珍しいかと。

そのほかにギャグ、主人公以外のキャラクター、話のテンポなど、全体的にクオリティは高めでした。 次の放送が楽しみですね。