FGO

怪物へと堕ちた女神、メドゥーサ。 やっぱりこれも、ポセイドンのせい

「メドゥーサ」といえば、漫画やゲーム好きならば誰もが知っていて、そうでない人でも2人に1人は知っているレベルの存在。 見たものを石に変えてしまうという、恐ろしい怪物としてあらゆる作品に登場していますよね。

そんなメドゥーサの神話、そしてFateにおける彼女の在り方は。

神話でのメドゥーサ

ギリシャ神話にて登場する、ゴルゴン三姉妹――ステンノ、エウリュアレ、メドゥーサ――の末妹。 ヘスペリデスの園に住んでいたというものと、そうでないものがあります。

メドゥーサは非常に美しく、海神ポセイドンに見初められて女神アテナの神殿の1つにて身体を重ねてしまったために、アテナの怒りをかい、醜い怪物へと姿をかえられてしまったのです。

この姿こそ人々の知る、蛇の髪をもち見たものを石に変えてしまう怪物、メドゥーサなのです。

とばっちりというか連帯責任というか、残念なことにふたりの姉も同じく怪物に変えられてしまいます。

姉である「ステンノ」「エウリュアレ」は不死身の存在であったのですが、メドゥーサはそうではありませんでした。

それゆえに自身を討伐しに現れた「ペルセウス」によって首を落とされて死亡し、その首はのちにアテナへと送られます。

アテナはその首を自分のもつ盾に取りつけて、あらゆる攻撃を防ぎ、なおかつ見たものを石化させるという最強の盾にしてしまうのでした。

ペルセウスによってメドゥーサの首が落とされたとき、彼女の首からあふれた血から生まれたのが、かの有名な「ペガサス」。 そして海に滴り落ちて生まれたのが海を彩る「赤いサンゴ」になったといわれています。

Fateシリーズでのメドゥーサ

「Fate/staynight」で初登場。 「間桐 慎二」のサーヴァントと思われていたが、実際は偽臣の書によって一時的に慎二をマスターに添えていたに過ぎず、本来のマスターは「間桐 桜」

マスターである桜を非常に大切にしており、ほかの何を切り捨ててでも桜だけは守るという行動指針を持っています。

複数の宝具をもっていますが、Fateシリーズで主に使われるのは「騎英の手綱(ベルレフォーン)」で、神話にも語られているペガサスを召喚し、相手に突撃します。

実はペガサス自体は召喚した幻獣というだけで、宝具そのものはそれらを制御する手綱とのこと。

「Fate/GrandOrder」では☆3ライダーとして登場。 NP獲得スキル持ち、かつ宝具演出が短いうえに低レアゆえ宝具レベルを上げやすく、威力もそこそこということから、宝物庫周回のお供として重宝されています。

Fateにおけるメドゥーサは、ポセイドンの愛人となりアテナによって怪物に変えられてしまうところまでは神話どおりで、その後はヘスペリデスの園ではなく”カタチのない島”というところに姉妹そろって移り住んでいました。

ステンノ、エウリュアレらとともに仲睦まじく暮らしていましたが、性質上どうしても男性を惹きつけてしまう姉ふたりを狙って次々とやってくる戦士たちを石化させる日々。

成長するという姉妹のなかで彼女だけの性質にそんな日常が影響したのか、さらに怪物としての浸食が強くなり、「ゴルゴーン」という英雄殺しの魔獣へと変貌してしまうことに。

大切な大切な、ふたりの姉のことすらまともに認識できなくなり、呑み込んでしまうのでした。

そしてその最期は、神話のとおり。 英雄ペルセウスによって首を落とされ、アテナの盾の装飾にされてしまうのです。