FGO

「人智統合真国 シン 紅の月下美人」配信開始&クリア記念感想トーク

「Fate/GrandOrder」、待望の第2部第3章「Lostbelt No.3 人智統合真国 シン 紅の月下美人」(以下、LB3)の配信開始とクリアを記念して、ストーリー全体の感想をば。

開幕からある程度時間が経っているので、ネタバレフルMAXで参ります。 LB3がまだクリアできていない人は見ないことをオススメします!

全体のざっくりとした感想

ストーリー全体の雰囲気としては、適度に明るく暗すぎず、かといって説得力のないあっけらかんとした展開でもなく。 第1章や第2章とは、かなり毛色のちがう内容でした。

モブがちょこちょこ活躍していたこれまでの章とはちがい、メインどころはそのまま主人公やサーヴァントたちだったというのも個人的にはグッドでした。

最初にLB3のシナリオ担当が、「魔法少女まどか☆マギカ」でライト層にも名を広めた「虚淵玄」さんであると知ったときは、絶対鬱展開だわーと少々ゲンナリしたりもしました。

しかしフタを開けてみればあら不思議! 第2部のメインテーマである、剪定事象の消滅という辛い部分はあっても、基本的に明るい展開で最後まで楽しく遊ぶことができました。

LB3の見どころ

飛翔、スパルタクス

LB3の見どころはというと、何をおいても、スパルタクスが飛ぶシーンですよね。 プレイ済みだからこそ意味が分かるフレーズですが、未プレイの人からするとわけがわからないと思います。 スパルタクスが”飛ぶ”って……?

CMでも一応スパさんが飛ぶシーンは描写されていましたが、まさかあんなにカッコいいシーンになるとは予想だにしていませんでした。 わが愛は爆発する! さすがにスパルタクスは格が違った。

これまでストーリーやイベントに絡んだスパルタクスは大抵の場合、反逆脳筋のギャグキャラみたいに描写されていましたが、LB3では一味ちがいました。

もともと「スパルタクス」は、史実においては敵からも称賛される理知的ですごい人なのです。 バーサーカーで召喚されても、落ち着いてしゃべることができるほど。 会話が成り立つかは別として。

そんなスパルタクスですから、これまでの

圧政! 圧政! 反逆! 愛! 圧政!

なんていうぶっ飛びすぎたキャラよりも、LB3における圧政に対する反逆という要素が根幹をなしているものの、自分たちの置かれた状況やあらゆる物事について思考をめぐらせることのできる人物というキャラのほうが彼らしいといえるように感じました。

結局、反逆である! とかいって単独行動しはじめるんですけど。

項羽と虞美人

ネタ的な要素以外で、真面目にストーリー上での見どころを考えると、「項羽」「虞美人(芥ヒナコ)」の絡みでしょう。

史実はもちろんちがいますが、Fateの世界ではまさかの機械であった項羽と、さらにまさかの精霊であった虞美人の一連のお話は、多くのプレイヤーの聖晶石を奪っていったことでしょう。

もちろん、ぼくの聖晶石も持っていかれました。 虞美人ちゃんはきませんでした。

LB3の後半での、異聞帯の項羽の最期と虞美人の慟哭はホントにズルいと思います。

即ち、朕である

朕である!

そう、朕なのである。 朕を続けて2回書いてはいけない。

LB3を治める支配者、その名は「始皇帝」。 中国史上での”皇帝”という言葉を作ったといえる、まさに”始”まりの”皇帝”。

英語で皇帝や帝王などを意味する”emperor(エンペラー)”はまた別なのでご注意です。

この知名度的にみてもヤバい人物がLB3を治めていたわけですが、まさかの人ではなかったというのは、このリハクの目をもってしても見抜けなかった。

しかし歴史上の超偉人である始皇帝があんなにフランクな雰囲気で、しかもネットスラング風味な発言をちょこちょこするとは。

でも決めるところはしっかり決めるし、上に立つ者としての威厳はちゃんとあって、しかも最後はあえて有利な形態を捨てて人間形態(本編中では真人躯体と呼ばれる)で雌雄を決しようとしてくるところとか、スゴくカッコいい。

まとめての感想

個人的には、第1部第7章が一番、第1部第3章が二番で、LB3が三番といえるくらいに好きな章でした。 ネタ要素がバランスよく散りばめられているお話は、非常に読みやすくていいと思います。

LB1やLB2はちょっと犠牲者とかが明確になりすぎてて、重すぎる感じがありましたからね。 第2部のメインテーマをしっかり感じられるのは、このふたつなんですけども……。

後味が悪すぎず、かといって楽観的にもなれない、バランスの良い章だと感じました。

朕さんこと始皇帝は期間限定サーヴァントなので、この機会を逃すと再度のピックアップを待つ他ありませんが、項羽は恒常、虞美人はストーリー限定に追加されますので、召喚の機会はなくもないです。

LB3を遊んで彼ら彼女らが好きになれたのなら、ぜひとも召喚にチャレンジしてみてほしいです。 ちなみに、ぼくは虞美人ちゃんに50連分くらいつぎこみましたが、きませんでした。

虞美人ちゃんは、きませんでした。